オススメの本

夢みるチョコレート工房―働く喜びをつくるということ

著者:伊藤 紀幸

著者自身も、知的障害を持つ息子さんがいて、日本での知的障がい者の賃金があまりに安いことに、その将来を案じ、2012年、チョコレート工房「ショコラボ」を開業する。

悪戦苦闘しながらも、ものづくりの面白さや福祉ビジネスの在り方、息子への愛情など、様々なテーマが詰まった一冊。

特に、コーチングに関する内容が書かれており、コーチングは、障害を持つ方にも、とても有効とのこと。

社会起業を目指している方や福祉に関わっている方、あるいは、特別支援学校の先生など、たいへん勇気付けられる一冊である。

 

アスペルガー症候群の人の就労・職場定着ガイドブック 適切なニーズアセスメントによるコーチング

著者:バーバラ・ビソネット/著 梅永雄二/監修 石川ミカ/訳

アスペルガー症候群の人たちの就労や職場定着を支援する上で、キャリアカウンセラーやジョブコーチはどうコーチングを行えばよいのか。その理論や具体的な方策を、豊富な事例をもとに臨床的に紹介した一冊。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA