転職を考えている方へ!

対人援助職に向かない、あるいは、この職場は自分に合わないなどの理由で、
転職を考えている、もしくは転職したほうがいいかなぁと思っている方も
いるのではないでしょうか。


そして、転職してうまくいかなかったらどうしようとか、
転職して失敗したらどうしようかと不安に思う方もいると思います。


よく転職して、「こんなはずじゃなかった」、「騙された」と、
失敗したことを耳にすることがあります。


こんなはずじゃなかったは、
例えば、職場の雰囲気が想像していないのと違ったとか、
人間関係が良くない、自由に仕事をさせてもらえると聞いていたが
そうではなかったなど。


統計データとして、7、5、3問題と言うのがあります。


中卒の7割、高卒の5割に、大卒の3割が、
3年以内に離職すると言われる問題です。


これはなかなか改善されていませんね。


労働政策研究研修機構(JILPT)の調査で、離職理由を見ると、

労働条件、休日、休暇の条件が良くなかった、

人間関係が良くなかった、仕事が自分に合わないと言う理由となっています。


これは、新卒の離職理由ですが、転職の場合とあまり変わりません。


ブラック企業は別として、よく想定される理由かと思います。

私は、キャリアコンサルタントでもありますので、参考になる理論をご紹介します。

それは、フランク・パーソンズによる特性因子理論です。


職業指導の父と言われた人物です。


難しい言葉が使われていますが、わかりやすく言うと、「
人と仕事のマッチング理論」になります。


人の特性(性格、能力、スキル、価値観など)と、
職業(仕事内容、雇用条件、必要要件など)を、
うまく適合(マッチング)させることが重要であると唱えています。


つまり、人は他者と異なる特性や能力、スキル、価値観を持っており、
その人の特性と仕事内容や必要要件等の職業の条件が一致すれば、
納得のいく仕事に就くことができると言うことです。


では、どのように、自分に合った職業を見つけられるか、
パーソンとは、職業選択における3つの要素(プロセス)を提唱しました。


1.自己理解


2.仕事理解


3.推論


この3つの要素を一つ一つ見ていきます。


◇自己理解

どのようにすれば自己理解ができるか?
いくつか方法はありますのでご紹介します。


◇ジョブカード

厚生労働省が勧めているツールとなり、いくつかシートがあります。

自己理解するために、

「これまでの職業人生を振り返るシート」

「ライフ・ラインチャート」

「興味、関心のある分野を探すためのシート」

「大事にしたい価値観を理解するシート」

「強みと弱みを知るシート」


◇職業興味検査(VPI)


160の具体的な職業に関する興味、関心の有無の回答から、

「6種類の職業興味領域尺度」と
「5種の傾向尺度(心理的傾向)に対する個人の特性」を測定する。


パーソナリティータイプとして、

自分は、現実的か、研究的か、芸術的か、企業的か、慣習的か。


他には、自己統制傾向、性別傾向、地位志向傾向、
稀有反応傾向、黙従反応傾向がわかる。


◇厚生労働省編一般職業適性検査(GATB)


適正、能力の分析として9つの適正能を測定。

知的能力、言語能力、数理能力、

書記能力、空間判断力、形態知覚、

運動能力、指先の器用さ、手腕の器用さがわかる。


◇自分史作成


これまでの人生を振り返り、どんな経験をして、どんな出来事があったか、

その時の感情は、何を学んだのかなど、

人生を振り返りながら、その時は「点」での出来事が、
今は「線」となってヒントが見えてくるものがある。


◇キャリアインサイト(統合版)


独立行政法人労働政策研究研修機構(JILPT)が開発したツール。


4つの側面(能力、興味、価値観、行動特性)から、適性を評価する。


長文になりましたので、「2.仕事理解」「3.推論」は、
次回にさせていただきます。

メルマガを始めました。
よろしかったら登録をお願いします!
https://www.mag2.com/m/0001695977

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA