障害者を支援する上で大切な5つのポイント

障がい者が、生き生き、ワクワクして未来に希望を持って働けるようになってもらうためには、支援員や指導員、支援スタッフの存在は欠かせません。

その支援者側の心構えや必要なこと等を今回、書かせていただきます。

障がい者の支援員や指導員、支援スタッフは、本当に自分自身を磨くことができる、そんな素晴らしい仕事だと思っています。

<たいせつなこと1>

障がい種別に惑わされることなく、一人一人と向き合う!

以前、訪問型のジョブコーチを私が勤めていた会社に派遣してもらったときのことです。

3人の障がい者に、4人のジョブコーチがシフトを組んで、そのうちの1人のジョブコーチが、ほとんど指導も話もせず、後ろの席に座ってただ見ているだけでした。

私は何か1つでも指導もしくは、支援してほしいと思っていましたが、ほとんど何もせずに見ているだけでした。

初めてジョブコーチお願いしましたので、ちょっと面食らっていました。

そのジョブコーチが帰り際、3人の障がい者のうち、○○さんは、このような障害傾向が見受けられますね、もう1人の○○さんは、このような障害の傾向が見られますと、自分の見立てを言って帰りました。

2回目に来た時もほとんど指導もしくは支援もせず、後ろに座っているだけで、帰り際同じように自分の見立てを話されて帰りました。

こちらとしては、障害の見立てはどうでもよく、障がい者の指導の仕方や支援の仕方を間際に見て勉強したいとも思っておりましたので、このようなジョブコーチもいるもんだなぁと思いました。

別のジョブコーチは、手順書通りに作業を行っているかどうかを熱心に見ていて、間違っていると指導されていました。

本当にジョブコーチによって、いろいろなタイプがいるなぁと思いました。

これは、私は、障がい者と関わった初期の頃で、その後、知識や経験を積み重ねるうちに、だんだん気づいたことがあります。

それは、障がい種別に惑わされることなく、一人一人と真剣に向き合って、その障がい者の個性や、強みをいかに発見できるか、そこに注力して伸ばしてあげるかが一番大事だと言うことをがわかってきました。

障がい者であろうが健常者であろうが、これは変わりません。

それを、指導員、あるいは、支援員が見つけられるかが、障がい者のパフォーマンスや成長に大きく関わってくることと思います。

要は、できないことに目がいくのではなく、肯定的な部分に目を向けることができるか?

できないことに意識が向くと気分も滅入ってきますが、肯定的な部分に目を向けると、こちらの気分も良くなってきます。

いろいろ大変なこともあるかと思いますが、ぜひ、このポジティブな視点に目を向けることをやってみてください。

毎日の積み重ねが大切です。

ポイント

障害種別に惑わされることなく、一人ひとりの障がい者にいかに向き合い、個性や強みを発見できるかが重要。

“障害者を支援する上で大切な5つのポイント” の続きを読む